整備Q&A



Q1
このステッカー知ってますか?
A1

前面ガラスの中央部に貼付されているのが「検査標章」で、車検の有効期間を示します。自動車検査証の有効期間(車検期間)がいつまでなのかを示すもので、一般的に前面ガラスの上方中央部に貼付することになっています。この検査標章を表示していなければ、クルマを運行することはできません。
また、前面ガラスの助手席側上部に貼付されている丸いステッカーが「点検・整備済みステッカー」です。定期点検整備を確実に実施した自動車であることを示すために貼付してあるもので、次回の定期点検整備の実施時期が外から見てもわかるように、実施年月を表示しています。定期点検は整備工場で。黄色い看板が目印です。


Q2
整備工場と車検代行業者との違いは?
A2
車検代行業者とは、ユーザーの皆さんに代わって国の検査場で車検を受ける業者のことをいいますが、車検代行業者は整備事業場ではありませんので、一般に車検の際にクルマの整備を実施することはありません。ですから、車検に合格したといっても、その後に不具合が発生するケースがあります。
これに対して整備事業場は、国からクルマの分解整備事業を実施してもよろしい、という認証を受けた事業場ですから、ユーザーの皆さんから車検の依頼を受けた場合は、クルマの状態を点検し、点検の結果、必要となった整備を実施し、安全面、公害防止面を十分に確認したうえで車検を受けるという違いがあります。

Q3
車検の頼み方を教えてください
A3
車検証と自動車納税証明書を用意しましょう。
整備に対する要望を詳しく伝えましょう。(整備の内容、 特に見てほしいところ、 調子の悪いところ、 気になる音がするところ等)
車は口をきくことができません。 車の健康状態をドクタ ー(メカニック)に伝えるのは、ドライバーのあなたです。そのためにも日常.車の健康状態をチェックしておきましょう。
必要となる整備内容を説明してもらいましょう。
概算見積書を交付してもらい概算の整備金額を教えてもらいましょう。 (点検料、 整備技術料、部品油脂代、 税金諸費用など具体的な料金を内容別に説明してもらいましょう。)
5 点検の結果、 追加整備を行う必要が生じた場合は、 事前に追加整備の必要な理由と費用を連絡してもらいましょう
車検が終了したら、定期点検記録簿に基づく 整備内容を説明してもらいましょう。
請求書を作成してもらい、整備料金の内訳を項目別に説明しても らいましょう。
交換部品を見せてもらい、 交換理由を説明してもらいましょう。
整備保証書を交付してもらいましょう。
以上の事柄に注意して車検をたのみましょう 。きっと満足できることと思います。
また、 メカニックとはいろいろな会話をして理解を深め、お互いの信頼関係を築いておきましょう。
 
只今ご説明致しました方法は、国の認証を受けたてんけん君の整備工場で車検を受ける場合のたのみ方です。
次に車検料金のしくみをご説明します。  料金は下の図の様な、様々な料金により構成されています。


定期点検の結果必要となった整備及び部品の交換など(車の使用状態・走行距離によってかわります)
5
法定定期点検及び保安基準に適合しているかどうかの検査(安全確保のための基本点検・検査料金)
4
車検証の交付手続きの代行
3
税金
2
加入義務付の損害賠償保険
1
継続検査申請手数料

Q4
ユーザー代行車検ってなんですか?
A4
ユーザー代行車検とは、代行業者がユーザーの皆様に代わって国の検査場で車検を受け ることをいいます。代行業者は整備事業者ではありませんので、一般的に車検の際に、保安基準に適合させる為の検査をすることはあっても、クルマの整備を実施することはありません。
従いまして、料金も下の図のような構成になっております。
 
5
保安基準検査料(法定定期点検料含まず)
4
車検証の交付手続きの代行
3
税金
2
加入義務付の損害賠償保険
1
継続検査申請手数料
 
比較してみますと

 
 
上記の部分が行われない為格安となっているのです。
 
ですから、定期的に点検整備をおこなっていないと、車検に合格したといっても、その直後に トラブルが発生するケースもあります。

ユーザー代行車検合格後に、何らかのトラブルが発生して整備工場に入庫したクルマを 調査した結果、3か月以内に入庫したケースが50%、その半数がブレーキ関係のトラブル となっており、中には整備費用を通常の2〜3倍支払った事例もあります。「故障した後での整備」というものが、一概に費用の負担の軽減にはならないということを 示しています。

これに対して整備工場は、クルマの状態を点検し、点検の結果、必要となった整備を実 施し、安全面、公害防止面を十分に確認したうえで車検をうけるという違いがあります。

Q5
車検と定期点検整備の違いは何ですか?
A5
車検は一定期間ごとに国が行う検査で、定期点検整備は、クルマの健康状態を定期的にチェックし、必要に応じて整備を行うことです。
車検は、その時点でのクルマの安全面や公害防止面が基準に適合しているかどうかを検査するもので、次の車検までの安全性が保証されているものではありません。それに対して、定期点検整備は、クルマのトラブル防止や性能の維持を図るための予防整備であり、点検の結果、不具合箇所を整備します。その際、部品の磨耗などにより近々不具合になるおそれがある箇所についても、故障が発生する前に整備をして、一定期間の安全性等を確保するものです。

Q6
車検を受ける際の総費用は、どれくらいかかるのですか?
A6
車検の際の総費用は、クルマの点検・整備に必要な技術料金と部品代などの点検・整備料金と、自動車重量税、自賠責保険料、検査手数料などの税金等諸費用に大別されます。あらかじめ見積りを提示してもらい、整備事業場との合意のうえで車検作業を依頼しましょう。

車検時には点検・整備料金税金等の諸費用が必要です

例:小型自家用乗用車(1800ccクラスで車両重量1.3t)






点検技術料金 定期点検で義務づけられている項目の点検を行う技術料金
整備技術料金 点検の結果、整備が必要な箇所の整備を行う技術料金
お客さまのご用命により行う整備の技術料金
部品・油脂代金 使用部品、エンジン・オイル等の代金
その他 点検のためのエンジン、下廻り等の洗浄料金等






自動車重量税 車検時に国へ納める税金
30,000円
自賠責保険料 自動車使用者が必ず入らなければならない法律で定められている強制保険の保険料
※27,600円
検査手数料 検査を受け、自動車検査証の交付を受けるための国へ納める手数料
1,700円
合 計 59,300円

※24か月契約の本土適用金額です。

このほか、検査代行手数料や消費税等が必要です。

Q7
定期点検整備では、どういうところを点検・整備するのですか?
A7
定期点検整備には1年点検と2年点検があり、故障を未然に防ぐための予防整備、また、ドライバーの安全維持と公害防止のために行うという、大変重要なものです。2年点検の代表的な点検項目は次のとおりですが、整備事業場では、プロとしての知識と技術を生かしてきびしくチェックし、必要に応じて整備を行います。

代表的な点検項目

かじ取り装置

●ハンドルの操作具合
●ロッド、アーム類の緩み、がた、損傷の点検

制動装置

●ブレーキのきき具合の点検

制動装置

●ブレーキ・パッドの摩耗の点検
●ブレーキ・ディスクの摩耗、損傷の点検
●ディスク・キャリパの液漏れ、機能、摩耗、 損傷の点検

制動装置

●ブレーキ・ライニングの摩耗の点検
●ブレーキ・ドラムの摩耗、損傷の点検
●ホイール・シリンダの液漏れ、機能、摩耗、 損傷の点検

走行装置

●ホイール・ベアリングのがたの点検

緩衝装置

●サスペンション取付部、連結部の緩み、がた、損傷の点検
●ショック・アブソーバの損傷、オイルの漏れの点検

動力伝達装置

●ドライブ・シャフトの連結部の緩みの点検

点火装置

●点火プラグの状態・点火時期の点検

原動機

●ファン・ベルトの緩み、損傷の点検
●エア・クリーナ・エレメントの汚れ、詰まりの点検

原動機

●排気ガス・テスターを使ってのCO、HCなどの点検

公害防止装置

●公害発散防止装置等の点検

 

 


戻る