自動車整備士を希望されるみなさんへ_____

が国の最近の自動車普及はめざましく、国民生活のあらゆる部門で活躍し、経済発展の原動力となっています。しかし、自動車数の著しい増加は交通事故の多発、公害の発生等を引き起こし、大きな社会問題となっております。そのため、自動車の安全と経済的な使用を確保する適正な点検整備を実施する自動車整備士の職務はますます重要なものとなっております。また、自動車整備士の職場は健康的で明るく、かつ、若々しい活気に満ちあふれており、若い人でも自分の能力をフルに発揮してどんどん一人前の仕事が行えます。
動車整備士の資格をとるには国土交通省大臣の行う自動車整備士の技能検定を受けなければなりません。そこで技能検定の種類、受験資格、受験手続きなど、技術講習所で行う講習会などについての説明。


1
技能検定の種類
 
一級大型自動車整備士 一級小型自動車整備士
一級二輪自動車整備士
二級ガソリン自動車整備士 二級自動車シャシ整備士
二級ジーゼル自動車整備士 二級二輪自動車整備士
三級自動車ガソリン・エンジン整備士 三級二輪自動車整備士
三級自動車ジーゼル・エンジン整備士 三級自動車シャシ整備士
自動車タイヤ整備士 自動車車体整備士
自動車電気装置整備士

2
資格取得の過程(例)
 

三級、二級整備士の場合
自動車,機械等に関する課程を修めていないもの

→ → →

三級整備士
受験資格

三級合格

→ → →

二級整備士
受験資格

二級合格

1年以上の実務
経験が必要

3年以上の実務
経験が必要
高等学校(機械科)卒

→ → →

三級整備士
受験資格

三級合格

→ → →

二級整備士
受験資格

二級合格

6月以上の実務
経験が必要

2年以上の実務
経験が必要
高等学校(自動車科)卒

→ → →

三級整備士
受験資格

三級合格

→ → →

二級整備士
受験資格

二級合格

卒業と同時に受験資格が得られる

2年以上の実務
経験が必要
自動車整備専門学校卒
(二級整備士養成課程)

→ → →

二級整備士
受験資格

二級合格
 

卒業と同時に受験資格が得られる


一級整備士の場合

養成施設入構(入校)資格

養成課程の種類

二種養成施設

一種養成施設

一級大型自動車整備士
二級ガソリン又は二級ジーゼル自動車整備士に合格後、3年の実務経験(1を有する者 二級ガソリン又は二級ジーゼル自動車整備士に合格した者

一級小型自動車整備士

一級二輪自動車整備士
二級二輪自動車整備士に合格後、3年の実務経験(1を有する者 二級二輪自動車整備士に合格した者
(1 実務経験は養成課程修了日までに満たしていればよい

養成の教育時間及び教育年数

(1)
二種養成施設 (整備振興会技術講習所)

養成課程の種類

教育時間及び教育年数

一級大型自動車整備士
  • 二級ガソリン及び二級ジーゼル自動車整備士の両方に合格している者
  • 教育時間:135時間以上
    学  科:90時間以上
    実  習:45時間以上
  • 教育年数:1年以内
  • 二級ガソリン又は二級ジーゼル自動車整備士の片方に合格している者
  • 教育時間:195時間以上
    学  科:130時間以上
    実  習:65時間以上
  • 教育年数:1年6か月以内

一級小型自動車整備士

一級二輪自動車整備士
  • 二級二輪自動車整備に合格している者
  • 教育時間:135時間以上
    学  科:90時間以上
    実  習:45時間以上
  • 教育年数:1年以内

(2)
一種養成施設 (整備専門学校等)

養成課程の種類 養成課程の種類

教育時間及び教育年数

一級大型自動車整備士
  • 二級ガソリン及び二級ジーゼル自動車整備士の両方に合格している者
  • 教育時間:1800時間以上
    学  科:300時間以上
    実  習:600時間以上
  • 実務実習:900時間以上
  • 教育年数:2年以上
  • 二級ガソリン又は二級ジーゼル自動車整備士の片方に合格している者
  • 教育時間:2400時間以上
    学  科:500時間以上
    実  習:1000時間以上
  • 実務実習:900時間以上
  • 教育年数:3年以上

一級小型自動車整備士

一級二輪自動車整備士
  • 二級二輪自動車整備に合格している者
  • 教育時間:1800時間以上
    学  科:300時間以上
    実  習:600時間以上
  • 実務実習:900時間以上
  • 教育年数:2年以上


特殊整備士(自動車タイヤ整備士等)の場合
自動車,機械等に関する課程を
修めていないもの

→ → →

特殊整備士
受験資格

特殊合格

2年以上の実務
経験が必要
自動車整備専門学校卒
(二級整備士養成課程)

→ → →

特殊整備士
受験資格

特殊合格

1年以上の実務
経験が必要
自動車整備専門学校卒
(特殊整備士養成課程)

→ → →

特殊整備士
受験資格

特殊合格

卒業と同時に資格が
得られる


3
受験資格
 

三級自動車整備士
自動車の整備作業
実務経験期間(1
受 験 資 格
1年以上 誰でも
6か月以上
  • 大学、高等専門学校、高等学校の機械に関する学科(2卒業者
  • 職業訓練指導員試験(自動車整備科)合格者
  • 技能者養成指導員検定(内燃自動車工)合格者
  • 四級海技士(機関)以上の資格の海技従事者
  • 三等航空整備士以上又は航空機関士、航空工場整備士
  • 旧公共職業訓練校の職業訓練修了者(3
必要なし
  • 大学、高等専門学校、高等学校の自動車に関する学科卒業者
  • 職業能力開発校、旧公共職業訓練校の職業訓練修了者(4
  • 職業能力開発大学校産業機械工学科、旧職業訓練大学校運輸装置科修了者
  • 一種養成施設の三級課程修了者
  • 国土交通省大臣が定める自動車の整備技術の教育を行う機関の三級課程卒業者
(1 三級二輪自動車整備士受験者は、原動機付自転車の整備作業を含む
(2 原動機械科、機械工学科、航空工学科、造船科、農業機械科、及びこれらに準ずる工学科
(3 自動車の整備に関する訓練期間が6か月以上、訓練時間800時間以上
(4 自動車の整備に関する訓練期間が1年以上、訓練時間1400時間以上
二級自動車整備士
自動車の整備作業
実務経験期間
受 験 資 格
3年以上 三級技能検定合格者
2年以上
  • 職業訓練指導員試験(自動車整備科)合格者
  • 技能者養成指導員検定(内燃自動車工)合格者

三級技能検定合格者のうち

  • 高等学校の機械に関する学科卒業者
  • 四級海技士(機関)以上の資格の海技従事者
  • 三等航空整備士以上又は航空機関士、航空工場整備士
  • 旧公共職業訓練校の職業訓練修了者(1
  • 大学、高等専門学校、高等学校の自動車に関する学科卒業者
  • 職業能力開発校、旧公共職業訓練校の職業訓練修了者(2
  • 一種養成施設の三級課程修了者
  • 国土交通省大臣が定める自動車の整備技術の教育を行う機関の三級課程卒業者
1年6か月以上
  • 三級技能検定合格者のうち、大学、高等専門学校の機械に関する学科卒業者
1年以上
  • 三級技能検定合格者のうち、職業能力開発校、旧高等職業訓練校、旧総合職業訓練所(自動車整備工)の職業訓練修了者(3
必要なし
  • 一種養成施設の二級課程の修了者
  • 職業能力開発大学校産業機械工学科、旧職業訓練大学校運輸装置科修了者
  • 国土交通省大臣が定める自動車に関する学科を有する大学の当該学科の二級課程卒業者
(1 自動車の整備に関する訓練期間が6か月以上、訓練時間800時間以上
(2 自動車の整備に関する訓練期間が1年以上、訓練時間が1400時間以上
(3 自動車の整備に関する訓練期間が2年以上、訓練時間が2800時間以上
一級自動車整備士
受 験 資 格

二級自動車整備士(二級自動車シャシ整備士を除く)

  • 二級自動車整備士合格日から自動車の整備に関し、3年以上の実務経験を有する者
  • 二級自動車整備士に合格した者であって、一種養成施設(整備専門学校等)の一級課程を終了した者
試験の一部免除
筆記試験の免除
  • 口述試験に不合格となった後、筆記試験の日から2年以内に口述試験を再受験する者
学科試験の免除
  • 国土交通省大臣が別に定める試験に合格後2年以内の者
  • 実技試験に不合格となった後、その実技試験の日から2年以内に実技試験を再受験する者
実技試験の免除
  • 二種養成施設(整備振興会技術講習所)において一級課程を修了して2年以内の者
  • 一種養成施設(整備専門学校等)において、一級課程を修了して2年以内の者
(1 自動車の整備に関する訓練期間が6か月以上、訓練時間800時間以上
(2 自動車の整備に関する訓練期間が1年以上、訓練時間が1400時間以上
(3 自動車の整備に関する訓練期間が2年以上、訓練時間が2800時間以上

 

詳細をご覧になりたい方はこちら

さらに詳しく紹介しています

戻る