自動車整備事業振興の円滑な運営に努めます。

定款に基づいて諸会議を開催し、支部・ブロック活動を通じて情報の収集、伝達を密にし、円滑な組織活動の推進を図ります。また、自動車関連団体との連携・協調にも努めていきます。

 


 

広報誌の発行等

会員への情報提供と相互理解を深めるため、広報誌やメールマガジンを定期発行しています。情報提供を通して、会員との意志疎通を図り相互理解を深めていきます。

 

ホームページの活用

広報活動の一環としてホームページを活用し、「クルマの正しい知識」や「日常できる点検」など、「点検・整備」に関しての情報をはじめ、県内の整備工場が一覧できるシステム、また自動車業界の最新情報、会員ホームページ、メーカー等へリンクできるように編集されています。ぜひご利用下さい。
 



 

 

整備事業に対する社会の理解と信頼を高めます。

車両法改正による整備需要の大きな変化や多様化に対応するためにも、業界の実態を幅広く把握していきます。
さらに情報を迅速に伝達して、時代の変化に即した経営基盤の確立を図り、事業経営の安定化と社会的地位の向上を目指します。また、オアシスの普及促進および業界健全化対策の事業を行います。

 


 

自動車点検・整備促進運動を通じて自動車の安全確保と公害防止のために定期的な点検・整備の必要性を自動車使用者へ浸透させる為に、「点検・整備実施率向上キャンペ−ン」を実施。マスメディアを主体に千葉テレビ「高校野球ダイジェスト」・ラジオ「bay-fm」・公共機関のバス後部を利用して、「点検・整備」の必要性をアピ−ルするとともに県内の整備工場においても(のぼり、マグネット、ポスター等)を作成して、点検整備実施率向上に努めてまいります。


 

自動車使用者の保守管理責任意識の高揚に努めます。

自動車の定期的な点検・整備は安全にクルマに乗るためにも不可欠です。正しい自動車知識の普及と自動車を正常な状態に保っていくための保守管理責任意識についても深く浸透していくように努め、なおかつ整備事業に対する理解と信頼を得るための事業を推進しています。

自動車点検デー

クルマの日常点検や無料点検をはじめ「安全で快適なカーライフ」を過ごして頂くため年に1度「自動車点検フェスティバル」を開催。イベントを交え楽しみながら点検・整備の重要性を使用者と共に学ぶ一日です。

また、自動車の整備、整備事業に関しての自動車使用者などの苦情についても窓口として耳を傾け、相談に応じ適切な処理に努めています。

 


 

循環型社会の形成に向けて使用者への啓発に努めます。

地球温暖化問題と排気ガスや騒音による公害問題、廃車リサイクルは環境問題においても、避けては通れません。自動車公害防止対策について自動車使用者に対してのPRや啓蒙を積極的に推進していきます。安全・衛生の推進のために情報収集とその提供を行っています。

また、整備事業として使用済み自動車の適正処理をはじめ、環境対策に積極的に取り組んで、環境に優しい整備事業場として環境問題にも取り組んでおります。

 


 

自動車関係行政に係わる業務に協力していきます。


自動車関係行政の各種業務に対して、整備事業運営が適正かつ円滑に行われるように協力します。業界全体の法の遵守と技術のレベルアップへつなげていくためにも、行政機関が行う技能検定や研修、講習会などの円滑な実施協力に努めていきます。

 


 

交通安全対策行政に係わる業務に協力していきます。


クルマは孤立無援の存在ではなく、他のクルマにも最善の配慮をしながら公道を走る存在でなくてはなりません。 そのため交通安全意識の高揚のため、行政機関が行う運動・行事に積極的に参加・協力します。

  

地域のこどもたちを、 事件や事故から守ろう

全国的にこどもたちが犯罪などのトラブルに巻き込まれる事故が多発して
いる現在、「こどもたちの安全は地域で守ろう」という気運が高まっています。
 当会も社会事業の一環として自動車整備事業場を「こども110 番の店」としてこどもたちを事件・事故から守る活動を行っています。

また、飲酒運転の追放運動も同時に実施しています。

 


 

整備技術の革新に対応した整備士を養成します。

自動車整備士技術講習の充実に努め、技能登録試験などを実施し、自動車の安全確保につながるものとしてしっかりとした安心と信頼を得られるような整備士の養成に努めています。また、整備作業に必要となる労働安全衛生法に基づく各種の講習を行っています。

 


 

技術革新に対応できる整備技術の向上を図ります。

多種多様化するクルマ社会において整備分野も例外ではありません。多岐にわたっての整備技術の習得や整備技術のさらなるレベルアップを図るために技能競技大会を開催します。また、FAINESを利用した整備マニュアル情報閲覧システムなどを利用し会員にも広く技術情報の伝達に努めていきます。

 


 

自動車技術の高度化・複雑化への対応を図ります。

高度化された自動車の整備に対応できる様、整備士の技術力向上のために、各種テスタ、スキャンツールを使用した電子制御装置の故障診断講習、ハイブリッド車、電気自動車などに関する講習会を実施します。

 


PDF   PDF   PDF

PDF このアイコンの資料の表示には Adobe® Reader®
またはpdfファイル表示対応ソフトが必要です。

お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)してご利用下さい

 


戻る